リール、ロッド、釣具、釣り用品まで高価買取中

店舗アクセス
よくある質問
会社情報
お電話1本でスグに査定<無料>0120-932-783

川崎市多摩区
釣具の出張買取はお任せください。

多摩川へら鮒センターは魚影が濃く、初心者の方も楽しみやすいへらぶなの釣り堀です。南武線・宿河原駅から徒歩で約5分とアクセスしやすい釣り場となっています。営業時間は4~9月が午前7時から午後5時、10~3月は午前7時から午後4時までで、釣り料金は1日2,300円、半日だと1,800円でへらぶな釣りを楽しめます。定休日は毎週木曜日と第3水曜日となっています。雨が降ってきた場合には300円で雨除け用のテントを借りられますので、天候が悪化したときでも安心です。池の水深は約3メートルで、へらぶな釣り用としては短めの8~9尺の竿でも十分底取りは可能なため、初心者の方も釣りがしやすいでしょう。釣りの規定としてはタナは1メートル以上取ること、飲まれやすいオカメ釣りは禁止となっています。また、竿の長さの規定が底釣りの場合、平日は18尺まで使用可能ですが、土日祝日は15尺までとなっていますので注意してください。
最寄りの店舗からお伺いします。
出張買取はとても便利です。
STEP1

電話またはフォームにて出張の予約をする

※時間外でもご相談ください。
(朝や夜でも対応しています。)

STEP2

ご自宅で商品の査定を致します。

※1品当り5分を目安にして下さい。

STEP3

お値段に満足いただけましたら、 その場でお支払いいたします。

川崎市多摩区の買取実績も豊富
当店で買取をした方の声
よくある質問
  • 商品数は何点から出張可能ですか?
  • 特に制限はありません。1点からでもお気軽にお問い合わせください。
  • 出張費用はかかりますか?
  • 出張費用は一切かかりませんのでご安心ください。
  • 値段に納得できない場合キャンセルできますか?
  • はい、キャンセル可能です。その際キャンセル料も発生しません。
  • 値段がつかない商品の引き取りはお願いできますか?
  • はい、引き取り可能です。当店で処分させていただきます。
  • 商品の掃除は必要ですか?
  • いいえ、不要です。そのままの状態で問題ございません。
横に細長い川崎市の最北端に位置する多摩区。昭和47年4月に川崎市が政令指定都市となり、それに伴い多摩区が誕生しました。昭和57年7月に現在の麻生区が分区され、現在に至っています。自然が豊富な地域で、北に多摩川が流れ、南に多摩丘陵が広がる地域です。この多摩丘陵の一角に「生田緑地」があり、川崎市最大の緑の宝庫と言われる市民の憩いの場があります。この生田緑地内に岡本太郎美術館や藤子・F・不二雄ミュージアムなどもあり、アートや文化にも触れ、一日中遊べるスポットとなっています。その他多摩区の有名なスポットとして、よみうりランドや読売ジャイアンツ球場などがあります。 また水や緑が豊かであることから多摩川梨の栽培が盛んに行われていましたが、大規模な宅地開発が進んだことから現在では梨の生産者も激減しています。川崎市では、登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区を地域の生活拠点と位置付け、その周辺の区画整理事業の取組みを進めています。東京都心への交通の便も良く、住みやすいまちとしても注目されています。また区内には明治大学の生田校舎や日本女子大学の西生田キャンパスなどの大学もあり学生が多く住む街でもあります。