リール、ロッド、釣具、釣り用品まで高価買取中

店舗アクセス
よくある質問
会社情報
お電話1本でスグに査定<無料>0120-932-783

横浜市港北区
釣具の出張買取はお任せください。

つり堀太郎横浜本店は屋内で手軽に釣りを楽しめる釣り堀です。バッティングセンターや卓球、ミニ四駆を走らせて楽しむコースなどと同じスポットにありますので、カップルや子供連れの方に人気となっています。釣りで狙うことが出来るのは金魚や鯉と小さくて初心者の方も釣りやすい魚たちです。営業時間は平日正午から午後9時45分、土日祝日は午前10時から午後9時45分までとなっていますので、仕事終わりの時間に立ち寄ることも出来ます。釣りのコースは1~3時間まで用意されていて、もっと釣りを楽しみたいときは15分ごとの延長券も用意されていますので利用してみてください。また、料金内に釣りに必要となる竿やウキ、餌が含まれていて、さらに手を拭くおしぼりやタオルも付いています。釣りやほかの遊びを楽しみたい方、また屋内にあるので天候が悪くて外での釣りが難しい時に足を運ぶのがおすすめの釣り堀となっています。
最寄りの店舗からお伺いします。
出張買取はとても便利です。
STEP1

電話またはフォームにて出張の予約をする

※時間外でもご相談ください。
(朝や夜でも対応しています。)

STEP2

ご自宅で商品の査定を致します。

※1品当り5分を目安にして下さい。

STEP3

お値段に満足いただけましたら、 その場でお支払いいたします。

横浜市港北区の買取実績も豊富
当店で買取をした方の声
よくある質問
  • 商品数は何点から出張可能ですか?
  • 特に制限はありません。1点からでもお気軽にお問い合わせください。
  • 出張費用はかかりますか?
  • 出張費用は一切かかりませんのでご安心ください。
  • 値段に納得できない場合キャンセルできますか?
  • はい、キャンセル可能です。その際キャンセル料も発生しません。
  • 値段がつかない商品の引き取りはお願いできますか?
  • はい、引き取り可能です。当店で処分させていただきます。
  • 商品の掃除は必要ですか?
  • いいえ、不要です。そのままの状態で問題ございません。
横浜市の北東部に位置する港北区。横浜市政が指定する都心の一つであり、神奈川区羽沢地区を除くすべての地区が港北区にあります。港北区は昭和14年に誕生し、その当時人口は約5万人、現在の港北区、緑区、青葉区、都筑区が同じ区域でした。その後昭和44年に緑区、青葉区、都築区と分かれ、さらに平成6年の行政区が編成され、港北区の北西部が都築区に移り、現在の港北区になりました。明治41年には現在のJR横浜線が開通し、開通当時からある港南区にある小机駅は100年以上の歴史がある駅です。さらに大正15年に東急東横線が開通したことで、交通の便が大変良くなりました。また臨海部の開発が進む中、内陸部の中ではいち早く市街化が始まりました。また昭和初期から高度成長期にかけて、宅地開拓が進み、農地も工場へと変わっていきました。その後昭和60年に横浜から新横浜を結ぶブルーライン高速鉄道3号線が開通し、さらに平成5年に現在の北新横浜駅と新羽駅ができると、新羽町の工業地帯は徐々に住宅地へと移り変わっていきました。また新横浜駅を中心に、小机、新羽地域が新横浜都心として整備事業が行われて建設されたのが横浜国際総合競技場です。今後の都市計画も見逃せない地域です。